クッキングアドバイザーの仕事と専門学校一覧

クッキングアドバイザー

仕事の内容

調理実演という方法で製品のアピールをする

 クッキングアドバイザーの仕事は、調理家電メーカーや調理器具メーカー、または、フリーとして企業からの依頼を受け、食品メーカーが売り出す製品などを、調理方法を実演したり、消費者に食べ方のポイントを伝えたりすることで、効果的にPRするというものだ。
 消費者の目の前で、製品の使い方をアドバイスするクッキングアドバイザーの仕事は、自社製品の販売促進がその目的だ。物を売るために、企業は常に自社イメージの向上に努めているので、製品の魅力を消費者に直接伝えるクッキングアドバイザーの役割は重要だ。
 フリーのクッキングアドバイザーの場合は範囲が広がり、料理教室やカルチャースクールの講師、料理本の執筆なども行っている。

働き方と生活

スーパーやショールームなどで働いている

 クッキングアドバイザーは、多くはメーカーの社員という形態で雇用されており、スーパーやメーカーのショールームなどが主な勤務先となる。スーパーやカルチャースクールでの実演では、より多くの客を集める必要がある。必然的に土日に勤務することが多くなるだろう。


ふさわしい人

製品や料理についてよく知ろうとする態度が必要

 基本的には接客の仕事なので、客への受け答えが丁寧で、明るく対応できることが求められる。また、実演している製品や料理についてわかりやすく説明できるように、製品の持つ機能や、食材や調理方法の知識などについて習熟しておく研究熱心な態度も必要だ。

将来展望

食の動向に詳しい人材への需要は高まる

 最近では、テレビや新聞などのメディアを通じて、食の安全性や食材の有用性などの情報が消費者に行き渡り、食への関心も高い。企業製品のPR役として、単に料理を実演するだけではなく、食に詳しい客からの問いにも明快に受け答えができる人材が今後は求められるだろう。

収入

経験や能力により異なる

関連する学校

地域・都道府県

70件の専門学校

全70件中1〜10件目を表示