自動車メーカー勤務の仕事と専門学校一覧

自動車メーカー勤務

仕事の内容

新しい車の開発からカーライフのサポートまで

 1台の車を開発するには、たくさんの人がかかわっている。まずは、消費者がどんな車を欲しいと思っているかをリサーチして新車の開発企画を立てるプランナー、新企画を絵に描いて模型をつくりあげるデザイナーがいる。その後、新型エンジンや新技術の研究やテストを行って、設計図をつくるエンジニア、設計図をもとに車体やエンジンを組み立てるエンジニアなどに順次バトンタッチされる。できあがった車に欠陥はないか、設計どおりの性能や品質が守られているかどうかを検査し、テストを行うエンジニアもいる。その車の開発にめどが立つと、工場での効率的な生産ラインを組み立て、生産を開始し、最終的には自動車販売会社を通じて市場に出回ることとなる。自動車メーカースタッフは、技術系には理系の出身者が、事務・営業系には文系の出身者がかかわることが多い。特に開発にかかわる部門は車に関する専門的知識が必要となるので、大学などで車の基礎知識を修得してきた人が多い。

働き方と生活


ふさわしい人

将来展望

関連する学校

地域・都道府県

25件の専門学校

全25件中1〜10件目を表示