電車の運転士の仕事と専門学校一覧

電車の運転士

仕事の内容

乗客や貨物を安全、確実に目的地まで運ぶ

毎日、多くの人が通勤・通学で電車を利用し、また、多くの貨物が電車で運ばれています。電車の運転士は、このような乗客や貨物などを電車で安全、確実に目的地まで運ぶ仕事です。
 電車の運転士は、助役から運転前に所属の乗務区で点呼を受け、運転予定の書かれた時刻表とハンドルを受け取り、車両のモーター、ブレーキなどを点検して安全を確認後、乗務に就きます。
 出発の時刻になったら発車し、信号や踏切などに気を配りながら電車が予定通り駅に到着するように運転します。一定の時間を運転し終えると次の運転士と交代し、1日の勤務が終わると、車両を車庫に入れてその日の運転状況を報告します。 万が一、事故が起こった場合には車掌などと協力して乗客の安全を確保し、事故の処理も行います。

働き方と生活


ふさわしい人

事故を未然に防ぐ冷静な状況判断が必要

大勢の乗客を運ぶ電車の運転士にとって何より大事なのは、乗客の安全を確保することです。電車の事故は、些細なミスでも大事故につながります。運転中は信号やスピードに常に気を配り、突然のトラブルにも素早く的確に対処するなど、状況を冷静に判断する能力が求められます。また、このような緊張感やストレスに耐える精神力も欠かせません。
 一方、電車の構造と機能は年々複雑化しているので、機械に強いことも求められます。さらに不規則な生活に適応する体力があることも条件と言えます。

将来展望

女性の運転士も誕生している

 大都市圏を中心に、地下鉄の新しい路線が開通したり、様々な鉄道会社の電車が乗り入れを行ったりと、電車の利便性はますます高くなっています。それと同時に、環境保護の観点から、公共交通機関である電車の役割が改めて見直されています。
 これまでは電車の運転士というと男性の職業というイメージでしたが、近年では女性運転士も誕生しています。数はまだ少ないですが、今後は増えていくことが予想されます。

関連する学校

地域・都道府県

31件の専門学校

全31件中1〜10件目を表示