航空整備士の仕事と専門学校一覧

航空整備士

仕事の内容

空の安全を守るため航空機の点検、保守を担当

 精密な航空機の部品は、心臓部にあたるエンジンをはじめ、どれも安全な飛行には欠かせない。航空整備士の仕事は、各航空会社が設けているチェックリストを基に、機体を構成する膨大な数の部品が正常に機能するかどうかを点検、保守するという重い責任を伴うものだ。
 航空整備士が行う作業としては、まず、日常整備がある。これは、フライト前に必ず行う航空機の点検作業で、国家資格を持った航空整備士が最終的にOKを出さない限り、飛行機は飛び立つことができない。そのほか、夜間に行われるライン整備や、一定の飛行時間を超えた飛行機を点検する定時整備がある。

働き方と生活

24時間態勢でシフト制の勤務が多い

 航空整備士は主に航空会社に所属する。飛行機が寄航する空港には必ず整備士が配置されるため、勤務地は全国の空港が対象となる。また、新聞社や警察、消防の航空部などでヘリコプターや小型機の整備に携わる人もいる。24時間態勢でシフト制を採用している職場も多く、昼夜を徹して作業を行うこともある。


ふさわしい人

第一に責任感そして体力と精神力

 強い責任感を持ち、正確な技術と機体に対する深い知識を持ち、細心の注意を払って業務に当たれる人に適している。
 また、航空整備士の昇格は極めて厳格に行われ、航空関係の職業の中で最も勉強と訓練が必要と言われるほどなので、それに耐えられる精神力も求められる。

将来展望

新しい技術に対応できる人材に期待

 最近は航空機の部品が増え、精密化しているので、X線を使って見えない部分のひび割れを検出するなど、新しい技術の導入が盛んに行われている。今後はそういった新技術にいち早く対応できる人材が求められていくだろう。
 航空機の製造にあたっては、メーカーだけでなく、ユーザーである航空会社の整備担当者も参加して開発に当たることがあるため、ますます航空整備士の重要性は増してくるだろう。

収入

勤務先により異なる

関連する学校

地域・都道府県

8件の専門学校

全8件中1〜8件目を表示

関連サイト

関西国際空港 : http://www.kansai-airport.or.jp/

JAL : http://www.jal.co.jp/

全日空整備(ANAM) : http://www.anam.co.jp/

航空実用事典 : http://www.jal.co.jp/jiten/

国土交通省 : http://www.mlit.go.jp/