インテリアプランナーの仕事と専門学校一覧

インテリアプランナー

仕事の内容

企画、設計から工事監理までを請け負う

 インテリアプランナーとは、商業施設や公共施設、オフィス、住宅などの建築物の室内空間の設計を、企画、設計から工事監理に至るまでトータルに請け負う専門家。その仕事内容は、インテリアデザイナーよりも建築士に近いと言える。
 インテリアプランナーは、着工が決まると、依頼主と綿密な打ち合わせを行い、まず快適性、機能性、安全性などを十分考慮したインテリアのデザインイメージを作る。そして、室内環境・設備の計画や設計、内装仕上げの方法や材料、インテリアエレメント(家具、照明器具など)を選び、必要な設計図や書類などを作成する。着工後は工事を監理し、現場で指揮を執ることもある。

働き方と生活

勤務時間は不規則になりがち

 主な職場は、住宅メーカー、設計事務所、建設会社などで、近年はリフォーム関連の分野でも活躍している。設計・製図などのため机に向かって作業するほか、依頼主との打ち合わせや工事現場の監理などで外出することも多い。勤務先にかかわらず、就業時間は建築関係のほかの仕事同様、不規則になりがちだ。


ふさわしい人

専門知識やセンスに加え細やかな生活感覚も必要

 まず、建築全般に渡る専門知識を持ち、体系的に物事を進めていける人に適性があると言えるだろう。また、現場を指揮することもあるので、リーダーシップも必要だ。そして、室内という限られた空間を設計していくので、斬新な発想や豊かなデザインセンスも求められる。
 一方、建築物はあくまで実用的でなければならないので、細やかな生活感覚も不可欠だ。

将来展望

インテリアへのニーズが高度化、多様化する傾向に

 住居のみならず、店舗や公共施設においても、インテリアが人の心に与える影響は無視できなくなっており、ユーザーの要求も高度化、多様化している。インテリア関係の専門家へのニーズは、今後も尽きないだろう。また、建築士がこの資格を取得すれば、建築物とインテリア両方の設計、監理ができ、総合的な専門家として工事を進められるので、仕事の幅も広がると考えられる。

収入

勤務先により異なる

関連する学校

地域・都道府県

71件の専門学校

全71件中1〜10件目を表示