測量士(補)の仕事と専門学校一覧

測量士(補)

仕事の内容

様々な工事の基礎となる測量のプロ

 土木、建築工事を行う場合には、あらかじめ工事予定地の地形や建築物の位置を正確に知っておかなければならない。これを測量する技術者が測量士だ。
 測量士は、測量計画の作成や実施の責任者であり、測量士が作成した計画に従って実際に測量を行うのが測量士補である。
 測量士は、設計した位置に構造物が正しく構築されているかどうかを、工事の着工から竣工までの施工段階ごとにチェックする。測量にはミスが許されないので、何度も確認しながら厳密に行っていく。そして、こうした仕事のための資料として、計算書を作成する。

働き方と生活

工事のない昼休みや休日に仕事をすることが多い

 測量士の勤務先は、国土交通省、農林水産省、国土地理院、地方公共団体の土木課や地方事務所、測量会社、地図出版社など、多岐に渡る。
 工事現場の測量は、仕事の性質上、工事をしない昼休みや休日に行うのが普通である。また長期間に渡って休みが取れないこともあり、不規則な生活になりがちである。


ふさわしい人

計算能力や器用さは必須条件

 測量士の仕事は、少しの誤差も許されないので、緻密な計算能力があり、繊細な神経と忍耐力、手先の器用さが必要だ。
 さらに、機材を持って野外、特に山間を歩くことも多いので、体力も必要だ。また、測量の仕事は数人のグループで行うことが多く、互いにトランシーバーなどで連絡を取り合いながら動くので、協調性も求められる。

将来展望

地域開発が進めば仕事量も増加

 最近の傾向として、測量の世界でも、光学機器やコンピュータなどの先端技術を利用することが多くなっている。それにより、少人数で迅速かつ正確に測量を行えるようになった。そのため、独立して測量会社を設立する測量士も少なくなく、この傾向は今後も続きそうだ。
 また、全国的に地域開発が続いていく限り、測量への需要がなくなることはないだろう。

収入

平均給与 約31万円(2007年厚生労働省調査)

関連する学校

地域・都道府県

26件の専門学校

全26件中1〜10件目を表示

関連サイト

財団法人日本地図センター : http://www.jmc.or.jp/

AlpsMap : http://www.alpsmap.co.jp/

国土地理院 : http://www.gsi.go.jp/