手話通訳者の仕事と専門学校一覧

手話通訳者

仕事の内容

手話というツールを生かしてコミュニケーションする

 聴覚障害者にとって、手話は音声言語に代わる大切なコミュニケーション手段である。手話通訳者は、健聴者の話し言葉を聴覚障害者に理解しやすいように手話に変えて伝え、また、聴覚障害者の表す手話の意味・内容を正しく読みとって、話し言葉に変えて健聴者に伝える役目をする。手話による通訳の必要性は、福祉施設はもちろん、病院、警察、講演会、テレビ局、デパートなど、健聴者と聴覚障害者が交差する場ではあらゆるところにあり、手話通訳者の活躍の場も広がっている。ただし、手話通訳の収入だけではまだまだ生活が不安定というのが実状である。手話の知識と技術を公認するための資格として「手話通訳士」試験があり、公共機関や一般企業でも資格取得者を優先的に採用するところが増えつつある。

働き方と生活


ふさわしい人

将来展望

関連する学校

地域・都道府県

3件の専門学校

全3件中1〜3件目を表示

関連サイト

日本手話通訳士協会 : http://www.jasli.jp/