ホームヘルパーの仕事と専門学校一覧

ホームヘルパー

仕事の内容

身体介護型と生活援助型に分けられる

 社会の高齢化、核家族化などが進み、地域の福祉、特に在宅福祉サービスの充実が急務となっている。その在宅福祉サービスを第一線で支えているのがホームヘルパーである。主な仕事は、寝たきりや1人暮らしの高齢者、重度の心身障害者などの家庭を訪問し、介護をしたり、本人や家族の相談に乗ったり、家事を代行したりする。
 ホームヘルパーは、食事、入浴、洗髪、排せつなど、主に日常生活動作に必要な介助を行う身体介護型と、調理、洗濯、掃除、買い物などを行う生活援助型に大別できる。現在は、寝たきりの高齢者が増えてきたこともあり、身体介護型のホームヘルパーの需要が増えている。

働き方と生活

早朝や夜間、時には深夜に働くこともある

 勤務時間は、利用者のニーズによっては日勤のみでなく、早朝や夜間、時には深夜になることもある。また、かなり体力を使う仕事なので、身体的に厳しい面もある。
 最近はパートでの雇用が増え、正社員のホームヘルパーとパート職員が時間を調整しながら働くというスタイルが多くなっているようだ。


ふさわしい人

熱意と忍耐力そして体力が必要

 まず大切なのは、福祉に理解と熱意があり、常に相手の立場に立って考え、行動することである。そのためには、相手の話をよく聞き、表情、しぐさなどから訴えたいことを読みとる理解力が必要だ。また、介護知識や技術が必要なのはもちろんのこと、体の大きい人を介護する場面もあり、体力があることも条件である。さらに、適切な介護に欠かせない、よい人間関係を築き上げるためには、忍耐力も求められる。

将来展望

将来的には介護福祉士に一本化

 政府は、介護に携わるための標準資格を介護福祉士とする方針を打ち出している。現在ホームヘルパーが行っている仕事も将来的には介護福祉士が担うことになり、より専門的な技術の修得が必要となりそうだ。しかし、介護現場は深刻な人手不足の状況であり、当面はホームヘルパーに対する需要も高いものと予測される。

収入

平均給与 約21万3000円(2007年厚生労働省調査)

関連する学校

地域・都道府県

83件の専門学校

全83件中1〜10件目を表示

関連サイト

ふくしチャンネル : http://www.fukushi.com/

ウェル 福祉・介護・保健・医療系専門職のためのソーシャルコミュニティ : http://www.wel.ne.jp/staff/

WAM NET : http://www.wam.go.jp/

厚生労働省 : http://www.mhlw.go.jp/