日本語教員の仕事と専門学校一覧

日本語教員

仕事の内容

外国人に日本語や日本文化を教える

 日本語教員の仕事は、日本語を母語としない外国人などに、読む、話す、書く、聞くの各分野で正しい日本語能力を身につけさせることだ。また、日本文化について教えることも大きな役割の一つである。教える相手は語学留学生や就学生、外国人研修生・労働者のほか、定住者、日本人の配偶者など様々だ。
 国内では日本語学校や大学の日本語教育センター、国際交流関係の団体などで活躍できる。また、海外の日本語学校などで教える場合もある。
 日本語教員は、外国人に語学だけでなく日本文化や生活習慣などを教えることを通じて、国際文化交流を深める役割も担っている。

働き方と生活

非常勤の場合生活は不安定になりがち

 日本語教員には専任教員と非常勤教員がいるが、多くは非常勤で、いくつかの学校をかけ持ちしているのが現状だ。非常勤の場合は、受け持ち時間数によって勤務時間や給与が変わるので、生活は不安定になりがちである。専任の場合は、生活は安定するが、各種学校の教員と同じく、残業もあるようだ。


ふさわしい人

異なる文化や習慣を理解し忍耐力のある人

 日本語の正しい知識はもちろん、日本や相手国の文化、生活習慣などに通じ、国際的な視野を備えていることが望まれる。また、教える相手によっては、特定分野の専門知識も必要となる。
 文化や生活習慣の異なる外国人を相手に教えることは想像以上に難しく、忍耐力や気配りも必要だ。

将来展望

長い目で見れば有望な職業

 日本企業の海外進出などで、海外での日本語学習熱は高く、日本語教員として海外で働く機会もある。また国内でも、日本に住む外国人や留学生など多くの人が日本語を学んでいる。日本語の学習者数は海外約298万人(2006年)、国内約16万4000人(2007年)と推定されている。
 今後も、国際化の進展に伴い、長期的に見れば将来有望な職業と言えるだろう。合わせて、教員の質の高さが求められていくことも確かである。

収入

雇用形態などにより異なる

関連する学校

地域・都道府県

5件の専門学校

全5件中1〜5件目を表示

関連サイト

(社)国際日本語普及協会 : http://www.ajalt.org/