フラワーコーディネーターの仕事と専門学校一覧

フラワーコーディネーター

仕事の内容

花で空間イメージを作り上げる演出家

 花にはいろいろな種類があり、それぞれに特性がある。フラワーコーディネーターは、このような花の特性を熟知して、オフィスやホテルの空間から、パーティー、結婚式、各種イベントなど、様々なシーンを花で彩る演出家である。
 もちろん、自分の思うまま勝手に花をアレンジしているわけではない。プロとして、顧客の好みや目的、予算などの制約がある中で、顧客が満足するように仕上げなければならない。
 したがって、フラワーコーディネーターは花の扱い方、長持ちさせる方法、四季の花のサイクル、花の値段、仕入れなど、花に関する豊富な知識を身につけている必要がある。

働き方と生活

土日も開業している店では休日は交代制になることも

 就職後すぐにフラワーコーディネーターとして活躍できることは少なく、まずはフラワーショップなどで仕事をしながら実践的な知識を学んでいくのが一般的だ。
 フラワーショップなどに勤める場合はたいてい週休2日だが、土日も開業している店が多く、休日は交代制になることもあるようだ。


ふさわしい人

色彩センスや繊細な感覚が必要

 花のコーディネートには色が重要な要素になるため、優れた色彩感覚は欠かせない。また、花は生きものなので、花の特性を熟知し、花の選択や扱いに細やかな気配りができる繊細さも求められる。そして、花の気持ちがわかるくらいに花が好きなことも当然必要である。

将来展望

景気に影響されやすいがニーズは拡大傾向

 花は装飾や鑑賞用なので、なければなしですませてしまえるものである。そのため、予算が減ると真っ先にカットされるものの一つであり、フラワーコーディネーターは景気の影響を受けやすい職業と言える。
 しかし、フラワーアレンジメントについての社会的認知度が高まってきたことや、今までは企業関連の仕事が中心だったのが、個人レベルにまでニーズが広がってきたことなどから、将来性は十分にあると言えるであろう。

収入

経験や能力により異なる

関連する学校

地域・都道府県

36件の専門学校

全36件中1〜10件目を表示

関連サイト

Myrte : http://www.jin.ne.jp/myrte/index.html