ブックデザイナー(装丁家)の仕事と専門学校一覧

ブックデザイナー(装丁家)

仕事の内容

質感にもこだわって、売れる本をデザイン

 ブックデザイナーは、本(主に書籍)の表紙やカバーなどのデザインを行う。ときには、本文を含め、一冊丸ごとをデザインすることもある。グラフィックデザイナー、イラストレーター、画家などが装丁の仕事をすることもある。ブックデザイナーの仕事は、編集者や著者からの依頼を受けて始まる。依頼者の求めるイメージをつかむため、打ち合わせと試作を繰り返し、写真、絵、イラスト、文字などのデザインの決定、紙の選択を行う。本を手にしたときの風合いや質感を大切にするため、紙の材質にもこだわる装丁家もいる。表紙に布や皮が使われることもあり、工芸デザインの要素も必要となる。最近は、コンピュータを使ってデザイン・データを作成することが多くなっているので、コンピュータでデザインするための知識も欠かせなくなってきている。ブックデザインは、あくまでも本の中身を引き立て、書店で読者の目にとまるものでなくてはならない。ブックデザイナーとしての作品というよりも、売るためのデザインが要求される。

働き方と生活


ふさわしい人

将来展望

関連する学校

地域・都道府県

49件の専門学校

全49件中1〜10件目を表示