ガーデンデザイナーの仕事と専門学校一覧

ガーデンデザイナー

仕事の内容

歴史、文化、季節感を庭園空間で演出

 生活に潤いを与える空間である「庭」の設計・デザインを行う。個人住宅の庭はもちろんのこと、都市公園、植物園、緑地などの公共空間も対象とする。依頼主と打ち合わせを重ね、デザイン、給排水設備計画、植栽、土壌などを検討し、設計図を作成する。そしてそれをもとに、造園工事が進められる。設計作業ではコンピュータを使うことが多くなったが、手描きの図面やスケッチ画を作成することもある。施工予定地の測量、依頼主・業者・職人との打ち合わせ、工事の現場監督など、外回りの仕事も多い。「庭」をデザインするには、それを構成する土壌、植物、エクステリア(外装)素材、給排水などに関する知識が不可欠。さらに設計・製図、測量の知識・技術と芸術的センスが必要になる。自然回帰意識の高まり、ガーデニングブームを背景として、庭園・緑地デザインの需要が増えている。ガーデンデザイナーの活躍する場は、今後もますます増えるだろう。

働き方と生活


ふさわしい人

将来展望

関連する学校

地域・都道府県

19件の専門学校

全19件中1〜10件目を表示