演出家の仕事と専門学校一覧

演出家

仕事の内容

作品を芸術にまで高める舞台表現のプロ

 演出家は、演劇、オペラ、バレエなどの舞台をまとめ上げる専門家。作品の芸術性を引き出し、作品全体の責任者となる。演劇の場合、まず戯曲を選定し、プロデューサー、脚本家と舞台の方向性、演出のコンセプトなどを固めていく。次に劇場を決定し、舞台装置から客席、楽屋まで劇場のすべてを把握する。もちろん、脚本のチェックも欠かせない。戯曲のメッセージ性、演出家の個性を鮮明にするため、脚本家と打ち合わせを繰り返し、台本を完成させていく。なかには、脚本を自ら手がける演出家もいる。演技者、俳優の選定も大切な仕事だ。所属する劇団の俳優たちから作品に合った者を選んだり、オーディションで新人を発掘したりする。並行して、舞台美術、照明、音楽、衣装などの専門スタッフと演出プランを確認し、制作を指示する。稽古が始まると演出家は演技指導にあたる。舞台表現は、俳優のセリフと動きが重要なので、演技指導は最も大事な仕事といえる。劇場・舞台のほか、テレビドラマや映画などの映像分野、イベントステージの企画・演出などで活躍している演出家もいる。

働き方と生活


ふさわしい人

将来展望

関連する学校

地域・都道府県

18件の専門学校

全18件中1〜10件目を表示