マンガ家の仕事と専門学校一覧

マンガ家

仕事の内容

現代の日本文化漫画の担い手

 漫画家の仕事は、主に、様々な形で発行されている漫画雑誌に掲載する漫画を描くことだ。最近は漫画を使う媒体が増えており、例えば学習関連の出版物や公的な印刷物などで、わかりにくいテーマを説明するために漫画を活用することも多くなった。そのため、漫画家の活躍の場は確実に広がっていると言えよう。
 また、漫画作品がアニメや映画になり、中には世界的なヒットとなっているものもある。漫画家は、今や日本の文化の重要な担い手の1人と言える。
 世界から注目を浴びている日本の漫画文化は、これからも様々な形で進化していきそうだ。

働き方と生活

連載を抱える場合はかなり多忙に

 漫画家としてデビューし、連載が決まったとしても、読者の人気が低いと早々に打ち切られる場合もあり、かなりシビアな世界である。
 労働時間や休日はまちまちだが、締め切り日までに必ず原稿を仕上げなくてはならない。連載を抱える漫画家は多忙であるため、アシスタントを雇っていることが多い。


ふさわしい人

作画技術以外にも多様な能力が必要

 漫画家として成功するには、読者を引き込むストーリー作りや魅力的な登場人物の設定など、すべてに渡ってセンスと能力を兼ね備えていることが求められる。どの才能が欠けても、魅力ある作品はできない。そのため、個性的な作風や確かな作画技術はもちろんのこと、物語の構成力や時代に敏感なことなどが不可欠と言える。

将来展望

世界にファンを増やす日本の漫画

 日本は自他共に認める漫画大国で、子どもだけでなく大人も漫画を楽しんでいる。アジア諸国やヨーロッパ、アメリカなど海外でも、日本の人気漫画が翻訳・出版され、それらを原作としたアニメ映画などの人気も高まっており、今後も市場が拡大すると予測される。
 また、漫画の人気キャラクターの商品価値はかなり大きく、様々なグッズに利用されており、その経済効果が期待されている。

収入

経験や能力により異なる

関連する学校

地域・都道府県

72件の専門学校

全72件中1〜10件目を表示

関連サイト

日本漫画学院 : http://www.manga-g.co.jp/

白泉社オンライン : http://www.hakusensha.co.jp/top.shtml