芸術家の仕事と専門学校一覧

芸術家

仕事の内容

感性と技術で作品を創造する

 芸術家の仕事は、美術系の絵画・彫刻や、音楽系の演奏・歌唱、工芸系の陶芸・染織、身体表現系の演劇・舞踊など多岐にわたり、美的な創造活動で生計を立てている人はすべて芸術家といえる。それぞれ専門の知識を大学などで習得し、作品づくりにかかるわけだが、その作品を商業ベースにのせるのが一番大変で、作品を気に入って店などに置いてくれるところを自分で見つけなければならない。作品をつくる過程について、草木染めの染織家を例にとると、まず作りたい作品のデザインを決め、糸を草木で染め、試し織りをし、これだという感じがつかめたら、本番の糸染め、機(はた)がけ、織りへと進めていく。芸術家は自分の作品をつくっていれば幸せだが、生計を立てていくことを考えるとなかなか大変な職業である。

働き方と生活


ふさわしい人

将来展望

関連する学校

地域・都道府県

23件の専門学校

全23件中1〜10件目を表示