音楽家の仕事と専門学校一覧

音楽家

仕事の内容

演奏会以外にも広がる活躍の舞台

 音楽にはポップス、ジャズ、クラシック、邦楽など、いろいろなジャンルがあるが、ここではクラシックを取り上げる。
 クラシックの音楽家は、大きく声楽家、演奏家、指揮者に分けられる。声楽家はオペラ歌手とクラシック歌曲の歌手に分類される。演奏家はピアノ、バイオリン、チェロ、フルートといった楽器の奏者で、オーケストラの楽員、ソリスト(独奏者)などとして活躍している。
 演奏家の仕事の場は通常、演奏会やコンサートなどだ。最近では、テレビ出演、ほかの分野の歌手たちとのジョイントコンサートやレコーディングなど、その活動の幅が広がってきている。

働き方と生活

地位や人気によって生活は大きく異なる

 プロとしての地位を確立している人であれば、演奏会やコンサートに向けての準備と、本番のステージの繰り返しが日々の生活となる。人気の音楽家ともなれば、海外公演へ出向くこともある。ただし、音楽家としての活動だけで生活できる人は少なく、音楽教室や大学の講師、個人向けレッスンなどの副業を行っている人が大半だ。


ふさわしい人

豊かな才能と音楽への情熱が必要

 豊かな才能と感性、音楽にかける強い情熱が基本条件になる。これらを開花させるために、小さなころからレッスンを受ける人も多くいる。
 また、オペラ歌手は、歌唱力や演技力のほか、イタリア語やドイツ語で歌うことが多いため、語学力も必要だ。指揮者は、オーケストラをまとめていく仕事なので、信頼される人格とリーダーシップが求められる。

将来展望

一般大衆にもファンが広がる傾向

 日本のクラシック音楽家は、欧米などと比べて仕事の場が限られており、決して恵まれているとは言えない。そのため、海外で修業して評価を高め、逆輸入の形で日本でも有名になった音楽家も少なくない。
 しかし、映像メディアの発展・普及で、ようやく活動の場も広がり始め、それとともにクラシックファンも増えつつある。

収入

経験や能力により異なる

関連する学校

地域・都道府県

20件の専門学校

全20件中1〜10件目を表示

関連サイト

日本音楽家ユニオン : http://www.muj.or.jp/

財団法人日本音楽教育文化振興会 : http://www.jmecps.or.jp/

財団法人ヤマハ音楽振興会 : http://www.yamaha-mf.or.jp/

(社)日本オーケストラ連盟 : http://www.orchestra.or.jp/

EMI Music Japan : http://www.toshiba-emi.co.jp/