コピーライターの仕事と専門学校一覧

コピーライター

仕事の内容

広告に欠かせないコピーを作り出す

 パンフレット、ポスター、チラシ、テレビ・ラジオCM、新聞・雑誌、インターネットの広告など、私たちの周囲にはいろいろな広告があふれている。こうした広告のコピー(宣伝文)を作り出しているのがコピーライターだ。
 コピーライターには、商品やサービスなどの特長を的確につかみ、時代背景なども理解したうえで読む者を引きつけるコピーを作ることが求められる。
 一見、ひらめきに頼った職業のように見えるが、1本のコピーが採用されるまでには、情報を収集し、プランを立て、何十本ものコピーを試作するなど、時間も労力もかかる。

働き方と生活

現場で経験を積むことでステップアップをめざす

 広告代理店などに所属する場合、勤務時間は基本的に1日8時間で、大手の場合は週休2日制の場合が多い。ただし締め切り前には多忙になり、残業や休日出勤もありうる。経験を積み実績を上げればフリーになることも可能だ。
 フリーのコピーライターの中には、1日何十本ものコピーをこなす多忙な人もいる。


ふさわしい人

自由な発想と時代をつかむ感性

 コピーライターの基本的条件は、文章を書くことが好きで、広告や宣伝に人一倍興味があることだ。そして、一つのことにこだわらず、自由な発想、柔軟な考え方ができる人に向いている。
 また、消費者が何に興味を持ち、何を求めているかなど、常に時代の流れに敏感で、社会全般に旺盛な好奇心を持っていることが必要だ。
 そして、ほかの専門分野のスタッフと協力して仕事を進められる協調性も望まれる。

将来展望

時代に即したコピーを生み出す感度が求められる

 企業間の競争が激しくなるにつれ、広告業界は業績を伸ばしてきた。特にテレビCMが商品の売れ行きに与える影響は大きく、キャッチコピーが流行語になることも少なくない。そのため、より効果的なコピーが求められている。
 現在はまだ少ないフリーのコピーライターも、今後は増えていくだろう。

収入

初任給 23万~25万円程度(大手広告代理店の場合)

関連する学校

地域・都道府県

24件の専門学校

全24件中1〜10件目を表示

関連サイト

大阪コピーライターズ・クラブ : http://www.occ.gr.jp/

東京コピーライターズクラブ : http://www.tcc.gr.jp/index.html

博報堂 : http://www.hakuhodo.co.jp/