放送記者の仕事と専門学校一覧

放送記者

仕事の内容

事件の現場から生中継でレポート

 放送記者には、外勤の取材記者と内勤の編集記者(整理記者、ニュースディレクターとも呼ばれる)の2種類があるが、ここではテレビに直接登場する取材記者の仕事について紹介する。
 取材記者は、主にテレビ局の報道部門に所属して、政治や経済の動き、事件などを取材し、ニュースなどを通じて視聴者に伝える。
 テレビは新聞と異なり、現場から生中継できるので、現場に行って様々な角度から取材し、原稿にまとめたあと、アナウンサーに代わってテレビ画面から直接視聴者にレポートすることも多い。その際、現場の映像を確保することが先決になるので、カメラマンとの連携が重要になる。

働き方と生活

大事件があるといつでも現場に駆けつける

 放送記者は、大事件があればいつでも現場に出向かなければならないハードな仕事だ。取材記者の場合、国会や警察などの記者クラブに常駐し、取材に当たることが多い。国内での取材が一般的だが、海外特派員として活躍することもある。一方編集記者は、ニュース番組を作るため、徹夜で演出や編集を行う場合もある。


ふさわしい人

度胸のよさと頭の回転の速さ

 放送記者は、ほかの報道関係者や野次馬で混乱する現場に飛び込んでいかなければならないこともあるので、好奇心と行動力、そして度胸のよさや冷静さが必要である。
 また、現場の状況を判断しながら、的確に情報を伝える必要があるので、頭の回転の速さも求められる。
 さらに、昼夜を問わず取材を行うこともあるので、体力と精神力も大切な条件と言える。

将来展望

メディアが増えて活躍の場が全国に拡大

 マルチメディア時代が進行する中で、各地にケーブルテレビ局が設立されるなど、地方から情報を発信する下地も固まりつつある。このため、全国的に放送記者が求められる傾向にある。
 また、日本ではまだ少数であるが、ビデオカメラを片手に取材から編集までを1人でこなすビデオジャーナリストも、今後は有望な職業である。

収入

初任給 21万~25万円程度(民放キー局の場合)

関連する学校

地域・都道府県

11件の専門学校

全11件中1〜10件目を表示

関連サイト

(社)日本民間放送連盟 : http://www.nab.or.jp/

TOKYO FM : http://www.tfm.co.jp/

NHKオンライン : http://www.nhk.or.jp/