スーパー・コンビニ店長の仕事と専門学校一覧

スーパー・コンビニ店長

仕事の内容

消費者のニーズに合わせいち早く品ぞろえ

 スーパーマーケットとコンビニエンスストアは、経営形態や規模、品ぞろえなどで異なる点はありますが、店長の役割はほぼ同じと言ってよいでしょう。大手コンビニエンスストアの中には、将来の幹部候補への道を開くために、教育の一環として若手社員に店長を経験させるところもあります。
 店長の仕事は、消費者の消費動向の変化をいち早く察知し、それを仕入れや品ぞろえ、商品陳列などに生かすことです。そのためには、マスコミ情報などを毎日こまめにチェックすることが必要です。また、防犯・クレーム対策や、清掃・整頓などが行き届いているかどうかをチェックする売場管理や接客・身だしなみなどを徹底させる従業員教育、社員やアルバイトの人事管理も大切な仕事です。
 コンビニエンスストアの中には、フランチャイザー(親会社)が運営するフランチャイズ・システムの加盟店も多く、親会社から宣伝広告、マーケティング、販売方法、従業員教育など、多くの面で支援を受けることができます。

働き方と生活


ふさわしい人

リーダーシップとコミュニケーション能力が必要

 コンビニの従業員にはパートタイマーが多く、定着率を高めるためにもまず従業員をまとめていけるリーダーシップが欠かせません。それに、店内の人間関係をスムーズに保ち、マニュアルなどのシステムを理解させるためには、コミュニケーション能力が必要です。
 また、店の売り上げに責任を持つ立場上、企画力、計数能力なども求められます。

将来展望

消費者のライフスタイルに合った経営戦略がカギ

 スーパーやコンビニなどの小売店の競争は激化しており、各社が消費者のニーズに合わせた店づくりに知恵を絞っています。今後は、売れ筋情報の収集・分析力や、新たな店舗づくりを行う企画力などの要素が生き残るかどうかの明暗を分けるでしょう。

関連する学校

地域・都道府県

36件の専門学校

全36件中1〜10件目を表示

関連サイト

am/pmジャパン オフィシャルサイト : http://www.ampm.co.jp/home.html

社団法人日本セルフ・サービス協会 : http://www.jssa.or.jp/

ダイエー(d’club) : http://www.daiei.co.jp/