美容師の仕事と専門学校一覧

美容師

仕事の内容

ヘアスタイルを提案し美しさを演出する

 美容室の技術者を美容師と言う。美容師は、客の要望を聞きながらシャンプー、カット、パーマ、カラーリングなどの技術を使ってヘアスタイルを作りあげる。また、ヘアスタイルの提案だけでなく、メークアップ、着付けなど、トータルなファッションコーディネートも行う。言い換えれば、華やかな美しさを演出する仕事と言えるだろう。美容室は女性客が主だが、最近は男性客の姿も多く見られるようになった。

働き方と生活

修業時代は閉店後も店に残って練習を積む

美容師の活躍の場は、美容院や美容室のほか、結婚式場、TVや雑誌等のマスコミ関係などもある。
 店舗に勤める場合、勤務時間は1日8~9時間程度で週休2日が一般的だが、独立して自分の店を持つと、店の定休日以外は休めないことも多いようだ。
 また、一人前になるまでは、閉店後にもカットの練習をするなど、厳しい修業が必要だ。そのため、生活は不規則になる場合もある。

 店舗に勤める場合、勤務時間は、1日8~9時間程度で週休2日を基本としている店も増えてきているが一人前になるまでは、閉店後でもカットの練習をするなど、厳しい修業が必要となる。また、独立して自分の店を持つと、店の定休日以外は休めないことも多いようだ。そのため、生活は不規則になる場合もある。


ふさわしい人

技術とセンスと社交性があれば強い

 近年、若い年代を中心に男女を問わず、おしゃれに敏感な人が増えている。美容師は流行を敏感にキャッチして、それを客の個性に合わせて応用できるセンスや技術が欠かせない。また、手先の器用さも大切な条件だ。
 さらに、だれにでも好かれる人当たりのよさや社交性、1日中立ちっ放しの仕事にも耐えられる丈夫な体、話題の豊富さなども、固定客をつかむために必要なポイントだろう。

将来展望

海外で活躍できる可能性もあり

 美容業界では常に激しいサービス競争が展開され、廃業、新規開店が繰り返されている。それでも、優れた技術や豊富なアイディアの持ち主であれば、独立開業する余地は大いにある。
 また、日本のヘアデザインは海外でも高い評価を得ており、ハリウッドで店を開き、成功した日本人ヘアアーティストもいる。世界で名を揚げるのも決して夢ではない。

収入

平均給与 約21万5000円(2007年厚生労働省調査)

関連する学校

地域・都道府県

135件の専門学校

全135件中1〜10件目を表示

関連サイト

新美容出版 : http://www.shinbiyo.com/index.html

ヘアスタイリスト得々情報 : http://www.stylist.co.jp/