キャビンアテンダントの仕事と専門学校一覧

キャビンアテンダント

仕事の内容

飛行機内での乗客サービスを一手に担う

 キャビンアテンダントは華やかなイメージがあり、憧れる人も多いが、実際は大変ハードで責任の重い仕事だ。
 その仕事内容は多岐に渡る。まず乗客を機内で出迎え、離陸前には離着陸の際の注意や非常時の脱出の手順などを説明する。そして、食事や飲み物、新聞、雑誌、毛布などをサービスし、フライト中は絶えず乗客に気を配る。また、急病人や気象状況の悪化によるトラブルなどに際して、機敏に対処するのも大切な役割だ。
 そして、やむを得ず緊急着陸などをする場合には、乗客がパニックに陥らないよう、冷静に誘導しなければならない。

働き方と生活

勤務は不規則で長期間日本を離れることも

 近年、航空会社はキャビンアテンダントを契約社員として採用し、一定の経験後、正社員へと登用する傾向にある。
 勤務時間や休日は不規則で、出社や退社の時間は毎日異なり、変則的なスケジュールが続く。国際線担当の場合には、長期に渡って日本を離れていることもある。


ふさわしい人

第一に体力そして知性や冷静さ

 あらゆる年齢層や国籍の乗客を相手にする仕事なので、親しみやすく、知性と教養があり、社会人としての常識を備えていることが大切である。また、英会話力に加え、強い責任感や国際感覚、非常時にも冷静に対処できる精神的な強さも不可欠だ。さらに、時差や気圧の変化、不規則な勤務に耐えられる体力やスタミナがなければ務まらない。そのため、採用試験では何項目もの身体検査や基礎体力測定が行われる。

将来展望

採用は厳しいが果たす役割は大きい

 近年、契約社員制の導入など、キャビンアテンダントの採用は厳しい状況にある。しかし、航空会社のサービス競争は激しさを増しており、乗客へのサービスを一手に担うキャビンアテンダントの果たす役割はより大きくなっている。
 今後は、このサービス競争の激化に対応できるだけの多様な能力が求められるだろう。

収入

時給 1800~1900円程度(大手航空会社の場合)

関連する学校

地域・都道府県

48件の専門学校

全48件中1〜10件目を表示

関連サイト

JAL : http://www.jal.co.jp/

Crew Net : http://www.crew-jp.com/