Benesse みんなの専門学校

パンフレット請求リスト0


ホーム > 職業 > 国税専門官

この職業になれる学校を今すぐ確認

国税専門官

仕事の内容

国の財源を支える税務のスペシャリスト

 国税専門官は、国の財源となる税金を賦課・徴収する専門家で、役割によって国税調査官、国税徴収官、国税査察官に分かれている。
 国税調査官は、税の申告が適正に行われているかどうかの調査や、申告に関する指導などを行う。国税徴収官は、納付期限の過ぎた税の督促や滞納処分を行ったり、納税指導を行ったりする。国税査察官は、悪質な脱税嫌疑者に対し、裁判官の許可を得て家宅捜索など強制調査を行い、刑事犯として告発する権限を持ち、一般に「マルサ」として知られている。このように、国税専門官は納税の不正を防止し国の財源を確保する、国税の「刑事」とも言える仕事だ。

働き方と生活

意欲や適性によっては海外勤務の可能性も

 勤務時間は基本的に1日8時間で、土日、祝日は休みだが、調査、徴収、査察、納税相談など担当する職務によって多少違ってくる。
 転勤は原則的に、採用された国税局の管轄内で行われる。また、意欲や適性によっては海外勤務となる可能性もある。その場合は、海外の税務情報の収集など携わることになる。


ふさわしい人

公正な判断力と不屈の精神力

 税金が正しく納められているかどうかを監視し、徴収する国税専門官は、公正な判断力を備え、責任感が強くなければならない。そして、どんな困難や圧力にも屈せず徹底的に追及する勇気と粘り強さ、正義感が必要だ。
 しかし、その一方で、公正であるためにも、自分だけの意見に固執せずに、相手の言い分も聞く人間的幅の広さも大切である。

将来展望

経済のグローバル化に対処できる人材に期待

 昨今では、経済の発展に伴って商取引が複雑化、広域化し、脱税などの事例も増加している。このような状況に対処するためにも、さらに高度な専門知識や技術を持った人材が求められる。
 また多国籍企業の増加など、経済のグローバル化、多様化がさらに進むにつれ、税務の国際化も進展すると予想される。そうした変化に対処できる国税専門官へのニーズも高まるだろう。

収入

初任給 約22万9000円

関連する学校

絞り込み検索

すべて

麻生公務員専門学校 北九州校 (福岡)
北九州で公務員、国家一般職・税務職員、県・市町村職員、警察、消防、...
学校ニュース  学校の特長  センパイメッセージ 
麻生公務員専門学校 福岡校 (福岡)
ASOには長年公務員受験対策専門学校として培ってきた指導ノウハウ・豊富...
学校ニュース  学校の特長 
大原法律公務員専門学校 名古屋校 (愛知)
公務員試験のそれぞれの科目のスペシャリストが熱い授業を展開する科目...
大原簿記法律専門学校難波校 (大阪)
高い信頼と実績を誇り、全国にネットワークを持つ大原学園!オリジナル...
群馬法科ビジネス専門学校 (群馬)
私たちの生活を支え、社会の役に立つ仕事、公務員を目指す学校です。公...
駿台法律経済&ビジネス専門学校 (東京)
公務員になりたい。警察官・消防官になりたい。 法律系資格を取得して就...
入試情報 
専門学校ビーマックス (岡山)
専門学校ビーマックス(旧 岡山会計学館)は、 岡山駅から徒歩13分。 岡...
広島会計学院専門学校 (広島)
税理士、情報処理、簿記、会計、経理・財務などの分野で、高度な専門教...
太田情報商科専門学校 (群馬)
ゲーム・CG・デザイン・アニメ・イラスト・マルチメディア・情報・IT...
大原法律公務員&スポーツ専門学校大阪校 (大阪)
高い信頼と実績を誇り、全国にネットワークを持つ大原学園!オリジナル...
1 - 2 - 3 > »

ページトップへ