Benesse みんなの専門学校

パンフレット請求リスト0


ホーム > 学校基本情報 > 卒業生の仕事 > 仕事で心がけているのは、“率...


名古屋辻学園調理専門学校

ナゴヤツジガクエンチョウリシセンモンガッコウ / 愛知

専修学校

卒業生の仕事

北野 巧さん

仕事で心がけているのは、“率先して動く”こと

仕事の魅力・やりがい

現在私はホテルの調理場で、料理の盛りつけや野菜切り、仕込みなどの仕事に加え、お客様に料理を出す仕事も行なっています。毎日9時半に出勤し、まず野菜の盛り込みなどを行ないます。12時にお店が開店したら、調理などを行い、業務は21時に終了。仕事で心がけているのは、言われる前に動くこと。片付けや洗い物などは率先して行なっているので、褒められます。仕事のやりがいを感じるのは、時間通りに仕事を終わらせられた時ですね。


仕事との出会い・きっかけ

現在の仕事をめざそうと思ったきっかけは、ささいなことなんです(笑)。自分は釣りが好きで、釣り具を作りたいなと思っていたんですよね。それで、高校卒業後、デザイン学校に進学したんですが、どうも自分がやりたいことと違うなと思い、釣りから料理にシフトチェンジしました。
料理の専門学校を探している中で、この学校を見つけました。一期生ということで、不安よりも期待の方が大きかったですね。また、カリキュラムに『レストラン実習』があったことも、この学校を選んだ理由のひとつ。少人数制、マンツーマンで教えてもらえることも、魅力でした。
将来は自分のお店を持ちたいと思っています。
今の目標は、とにかく早く仕事を覚えて、ステップアップしていくことです。そしていつか地元で自分のお店を開くのが夢。友人が集まるようなお店で、自分が落ち着けるようなお店にしたいですね。

後輩へのアドバイス

私はホテルへの就職を希望していました。理由は、ホテルという忙しい環境で仕事の回し方を学びたかったからです。最初に受けたこのホテルで、即内定を頂けたので、就職活動ではあまり苦労はしませんでしたね(笑)。強いて言うなら、自己PRで、自分の短所を長所に言い換えるのが難しかったことかな。
後輩へのアドバイスは、とにかく、挨拶と返事はしっかりやることです。技術は現場でも学べるので大丈夫。それよりも、周りのスタッフからかわいがられるよう、挨拶や返事はしっかり身につけておいた方がいいですよ。
専門学校での経験で、今一番役に立っていることは、マナーや礼儀作法ですね。勤務先がホテルということもありますが、マナーはきっちりしているので、授業はもちろん、普段の生活の中でも、敬語や挨拶を繰り返し指導されたおかげで、今、自然とできています。

北野 巧さん

名古屋辻学園調理専門学校調理師科卒

勤務先/グランドエクシブ鳥羽 別邸和食厨房
卒業年度/2017年3月
卒業学科/調理師学科
出身校/既卒

忙しい環境で仕事の回し方を学びたかったので、ホテルへの就職を希望していました。第一希望のホテルに就職した今、私は調理場で、料理の盛りつけや野菜切り、仕込みなどの仕事に加え、お客様に料理を出す仕事も行なっています。夢は地元で自分の店を開くことなので、早く仕事を覚えてステップアップしていくことが目標。友人が集まる、そして自分が落ち着けるような店を作れるよう頑張ります。