名古屋こども専門学校

ナゴヤコドモセンモンガッコウ

/ 愛知

卒業生の仕事

野中 裕衣さん

こども達を笑顔で送り出すために

仕事との出会い・きっかけ

私が幼稚園に通っていた時の担任の先生が私が登園すればいつもキラキラした笑顔で"おはよう!"と迎え入れてくれて、幼稚園にいる時間がずっと楽しかったので小さい頃から先生に憧れていました。
中学生の頃に幼稚園の時に書いたカードを見ると、将来の夢の欄に幼稚園の先生と書いてあり、やっぱり先生という仕事をしたいと思いました。
保育園へ職場体験に行き、小さい子どものちょっとした成長に感動したり、保護者の方と一緒に喜んだりなどの様子を見て、乳児にも興味を持ち保育園に就職しました。

仕事の魅力・やりがい

1年目は0歳児の担任だったので、子どもが1人で立つことができたこと、歩けるようになったこと、単語を話せるようになったこと、スプーンを使ってご飯を食べれるようになったこと、コップを使えるようになったことなど私たちにとっての当たり前なことが、毎日少しずつ出来るようになり、そんな姿を近くで見守ることができとてもやりがいを感じました。
2年目の今は2歳児でパンツトレーニングをしているので、トイレで排泄が出来た時や服や靴下などが自分着れた時など身の回りのことを自分でできるようになったり、子どもが「のなかせんせい」と呼んでくれたり嬉しそうに色々な話をしてくれる時など子どもたちが一生懸命頑張っている姿やキラキラした笑顔を見る度にやりがいを感じています。

後輩へのアドバイス

保育を専門的に学ぶ上で難しいことももちろんありましたが、夢に直接結びついた勉強は楽しくも感じます。そして学んだことは現在の保育にとても役に立っています。子どもたちの成長を身近で感じ、一緒に成長していける保育士という仕事に誇りを持っています。
みなさんも自分のやってみたいという気持ちを大切に頑張ってください!

野中 裕衣さん

名古屋こども専門学校保育科卒

勤務先名/幼保連携型認定こども園 名古屋ドレミ保育園
卒業高校/名古屋市立若宮高等学校
卒業校/名古屋こども専門学校
卒業学科/こども総合学科
コース/こども心理コース
三幸学園専門学校の卒業年 /2018年

学校公式サイト