Benesse みんなの専門学校

パンフレット請求リスト0


ホーム > 学校基本情報 > センパイメッセージ


山野美容専門学校

ヤマノビヨウセンモンガッコウ / 東京

専修学校

センパイメッセージ

  • 氏名:  矢萩 朋夏
  • 入学年:  2018年
  • 出身校:  東京[高校生]: 公:都立調布南高等学校
  • 学部:  美容専門課程
Q
山野美容専門学校を選んだ理由は?
A
美容に関わる様々なことを学びたいと思っていたので選択制のカリキュラムがある山野美容専門がぴったりだと思い入学を決めました。美容師国家資格取得のための勉強はもちろん、髪だけでなくメイク、ネイル、着物などについても学べることに魅力を感じました。そしてなにより自分の可能性を広げることのできる選択肢を、学校がたくさん用意してくれているというところです
Q
学生生活はいかがですか
A
オープンキャンパススタッフの活動を通してコミュニケーションスキルが身についたと思います。初対面の方とのお話や言葉遣い、礼儀作法など今後社会で役立てることができると思います。また遠方から来ていただいた高校生と保護者の方に「あなたに案内してもらえて遠くから来た甲斐があった」と言っていただけたことも成長を実感できた出来事でした。また私は様々な課外授業に参加し検定を受け、資格を取得しています。これらは自分の力になることはもちろん就職においてアピールポイントに出来ると思っています。そしてなにより自分自身の自信へとつながりました。また入学当初はぼんやりとしていた将来の自分の姿が明確になってきました
Q
高校生にむけて一言
A
美容に少しでも興味があったらぜひ入学を考えてみてください。私自身がそうであったからです。最初はできないことの方が多く大変なこともありました。ですが、できないことをできるようにすることは自分自身を大きく成長させてくれます。山野美容専門は成長の可能性と将来の選択肢を広げてくれます。私は入学してよかったと日々実感しています。「好きなこと」を「得意なこと」にする挑戦をぜひしてみてください

ページトップへ

  • 氏名:  米田 圭杜
  • 入学年:  2018年
  • 出身校:  北海道[高校生]: 公:函館工業高等学校
  • 学部:  美容専門課程
Q
山野美容専門学校に入学した理由
A
僕が山野美容専門学校を選んだ理由は”環境”と”生徒数の多さ”です。山野では美容の道に進むのにとても最適な環境や設備が整っています。また生徒数が多いのでお互いに刺激をあたえながら成長することができます。僕は北海道出身ですが、山野は地方から進学してくる人たちがたくさんいるので安心して入学することができました。
Q
好きな授業はなんですか
A
シャンプーと英語の授業です。シャンプーは、サロンに就職した時まずはじめにする仕事です。山野では2種類のシャンプーの方法を練習できるので、就職した後のことも考えて授業を受けられるところが良いと思っています。英語についても、サロンに外国人のお客様が来た時もしっかりと対応することのできる様に英語を楽しく学ぶことができるからです。また僕は海外でも活躍できる美容師になりたいのでとても充実した授業を受けることが出来ています。
Q
学生生活で経験して良かったことはなんですか
A
僕が学校生活で一番経験して良かったと思うことは定期的に行われる山野の卒業生や現役で活躍している美容師さんたちの講演や授業です。自分の目標である方々の意見や考えを聞いて自分の進路に活かすことができました。また新たな目標や刺激にもなるのでとても貴重な体験だと思います。

ページトップへ

  • 氏名:  小林 歩実
  • 入学年:  2018年
  • 出身校:  埼玉[高校生]: 私:西武台高等学校
  • 学部:  美容専門課程
Q
将来の夢は何ですか
A
今目指しているのは美容師ですが後々ネイルも着付けもやっていきたいと思っています。人生1度きりなのでやりたいことは全てやりきろうと思っています。美容師を目指したきっかけは、高校で進路を考えた際自分の好きなことを追求したことでした。大学の道も考えましたが美容に関われない将来を想像できず、私は美容の道なんだと導き出せました
Q
学生生活で経験して良かったことはなんですか
A
学生美容ショーです。学生美容ショーは1,2年生の希望者が集まってテーマを決め、ヘアセット、衣装、映像、音響などヘアショーを自分たちの手で作り上げるものです。大人数で1つの作品を作る楽しさと本番が終わった後の達成感は今でも忘れられないほど衝撃的でした。在校生が多いことで出会いも多く、いい刺激になっています
Q
高校生へ一言
A
山野では学内だけでなく学外の交流もあり自分自身でチャンスをつかむ機会があります。そのチャンスを与えてくれる環境を最大限に活かして自分を表現してください

ページトップへ