2017年5月31日をもちまして、みんなの専門学校の会員サービス提供は終了させていただきました。

Benesse みんなの専門学校

パンフレット請求リスト0


ホーム > 学校基本情報 > 卒業生の仕事 > 学生時代に学んだことがとて...


横浜医療秘書歯科助手専門学校

ヨコハマイリョウヒショシカジョシュセンモンガッコウ / 神奈川

専修学校

卒業生の仕事

藤田 愛莉さん

学生時代に学んだことがとても役立っています。

仕事の魅力・やりがい

私の母は耳鼻科のクリニックで医療事務の仕事をしていました。そのため、私は幼い頃から鼻や耳の具合が悪くなると、よく母の働くクリニックで看てもらっていました。病院に行き、テキパキと受付業務や先生のサポートをする母の姿を見て、「お母さんかっこいいな。私も将来はお母さんのように、病気の人の役に立てるような仕事に就きたい」と思うようになりましたね。高校生になり進路を決める際には、母にも医療現場で働きたい思いを相談しました。母は「大変なこともたくさんあるけれど、患者様に感謝されるやりがいのある仕事よ」と、背中を押してくれました。


私の学生時代

在学中に学んでよかったことは、ビジネスマナーの授業です。この授業では、医療現場における報告・連絡・相談といういわゆる「報連相(ホウレンソウ)」を怠ると、人の命や身体にかかわる重大な事故が起きてしまうこと、入院患者様のご家族への接し方などを学ぶことができました。不安に押しつぶされそうなご家族には、事務的に対応するのではなく、「不安ですよね。お気持ち分かります」と、初めに共感の姿勢を示して、不安な気持ちを少しでもやわらげることが大切だと学びました。医療現場という特殊な環境での適切な対応を学べたおかげで、今患者様のご家族と接するときには、「笑顔になり過ぎず、しかし無愛想で事務的な説明にならないように」と、相手の心の温度を測りながら対応することができていると思います。


これからの目標や夢

今はまだ周りの先輩方に支えられながら、任された仕事をこなすのに精一杯です。しかし、いずれはクラークだけではなく、患者様と直接触れ合うことができる看護助手の仕事も任されるようになりたいですね。そのためには、クラークでの仕事を一人前にこなせるよう、日々経験を重ねていくことが大切だと思います。


藤田 愛莉さん

横浜医療秘書歯科助手専門学校医療秘書コース卒

藤田愛莉さん 医療秘書科病棟クラークコース卒業
慶応義塾大学病院勤務