航空運航整備士の資格と専門学校一覧

資格の内容

航空運航整備士は航空機が空港に着陸してから出発するまでの間に機体の点検を行う技術者だ。小型飛行機やヘリコプターなどの点検には2等航空運航整備士、旅客機や大型ヘリコプターの点検には1等航空運航整備士の資格が必要となる。作業が遅れると定時運航できなくなるため正確さと迅速さが要求される。資格を取るには、専門学校などで航空機整備の養成を受ける方法と、航空会社に入社して実務経験を積み試験を受験する方法がある。

受験資格

1等・2等航空運航整備士とも、18歳以上で2年以上の航空機の整備経験がある人(国土交通省が指定する整備にかかわる訓練課程を修めている場合は1年以上)。

参考サイト

国土交通省
http://www.mlit.go.jp

関連する職業

航空整備士

関連する学校

地域・都道府県

6件の専門学校

全6件中1〜6件目を表示