消費生活アドバイザーの資格と専門学校一覧

資格の内容

消費者と企業・行政とのパイプ役として、消費者相談において適切なアドバイスをしたり、消費者の意向を企業経営に反映したり、行政に意見の申し出を行ったりする。試験は1次が筆記、2次が論文・面接試験で行われ、消費者問題から行政、法律、経済、環境・エネルギー問題にいたる、幅広い知識が問われる。試験に合格し、一定の実務経験があることが認められると資格を取得できる。

受験資格

性別、年齢、学歴などに関係なく受験できる。ただし、日本産業協会が実施する筆記試験、面接試験の受験が可能な人に限る。

参考サイト

(財)日本産業協会
http://www.nissankyo.or.jp/

社)日本消費生活アドバイザー・コンサルタント協会
http://www.nacs.or.jp/

関連する職業

消費生活アドバイザー  /  マーケティングリサーチャー

関連する学校

地域・都道府県

0件の専門学校

検索条件に一致する結果がありませんでした。
条件を変更して、再度検索してください。