宅地建物取引主任者の資格と専門学校一覧

資格の内容

宅地建物取引業を営む際には、事務所の規模や業務内容などに応じて、各事務所に専任の取引主任者を配置することが義務づけられている。取引主任者の免許を受けるためには、宅地建物取引業法で定められた資格試験に合格し、試験を実施した都道府県知事の資格登録を受けることが必要だ。試験では、宅地や建物に関する法令や税、価格の評価など実用的な知識が問われる。

受験資格

年齢、学歴、国籍などに関係なく受験できる。ただし、合格後、資格登録にあたっては一定の条件が必要となる。

参考サイト

(財)不動産適正取引推進機構試験部http://www.retio.or.jp/

関連する職業

不動産鑑定士

関連する学校

地域・都道府県

24件の専門学校

全24件中1〜10件目を表示