こんにちは ゲスト さん

ログイン

資料請求リストへ

みんなの専門学校の新規会員受付は2016年3月31日をもって終了いたしました。


ホーム > 職業 > 気象予報士

この職業になれる学校を今すぐ確認

気象予報士

仕事の内容

観測データを分析し気象情報を人々に伝える

 天気予報は、生活に密接に結びついた情報として注目され、様々な分野で利用されている。
気象予報士は、民間の気象会社などに所属して、気象庁から提供される数値予報資料や、気象レーダー、アメダスなどの観測データを基に気象情報を解析し、日々の天気や気温、降水確率、地域ごとの天気予報や週間予報などを予測する。
 気象会社は、独自の予測結果を、商品の売れ行きや仕事が天候に左右されやすく、絶えず気象情報が必要な契約企業(製造業、流通業、屋外レジャー産業、スポーツ施設など)に提供している。会社によっては、24時間態勢で刻々と変化する気象情報を送り続けているところもある。

働き方と生活

気象会社に勤務する場合シフト制で働くことが多い

 気象会社は、気象情報を24時間態勢で提供しているため、気象予報士の勤務はシフト制を採ることが多く、早朝や深夜の勤務もあるようだ。
 また、テレビやラジオなどの天気予報番組が増加したことで、お天気キャスターとして天気情報を解説するなど、メディアでの活躍の場も広がってきている。


ふさわしい人

観察力やデータの分析力が必要

 自然現象に強い関心があり、気象データを解析するために必要となる観察力や注意力に優れ、論理的で、数字や図表の解読を苦にしない人が向いている。さらに、読みとったデータを顧客のニーズに合わせて様々な形に加工するため、情報処理能力も必要だ。また、テレビやラジオで天気の解説をすることもあるので、はきはきと正確に説明する能力も必要だ。

将来展望

ニーズの多様化で今後の活躍に期待

 社会生活や経済活動が多様化するに従って、災害対策、交通情報、漁業、農業、生活関連など、あらゆる分野でそれぞれのニーズに合った気象情報が求められるようになっており、気象予報士への期待は非常に高いと言える。
 特に天候が大きく影響するレジャー関係、流通関係や、天気予報番組などの映像メディアでの活躍が期待されている。

収入

勤務先により異なる

関連する学校

絞り込み検索

すべて

関連サイト

(財)気象業務支援センター : http://www.jmbsc.or.jp/

気象庁 : http://www.jma.go.jp/jma/index.html

日本最大級の天気・気象情報サイト : http://tenki.or.jp/

ページトップへ