こんにちは ゲスト さん

ログイン

資料請求リストへ

みんなの専門学校の新規会員受付は2016年3月31日をもって終了いたしました。


ホーム > 職業 > 法務教官

この職業になれる学校を今すぐ確認

法務教官

仕事の内容

少年院や少年鑑別所で非行を犯した少年を教育

 法務教官は、少年院や少年鑑別所に勤務し、非行を犯した少年が立ち直れるように教育したり、相談、助言などを行ったりする専門職員だ。
 少年院は、家庭裁判所から保護処分として送致になった少年を収容し、少年鑑別所は審判を前に観護の措置になった少年を収容する。
 少年院の収容期間は原則として2年以内だが、法務教官はその間、集団活動や面接などを通じて、生活指導、レクリエーション指導、基礎学力をつけさせる教科指導、職業補導などを行う。
 一方、少年鑑別所では、少年の身柄を保護し、心の安定を図り、面接などを行って少年の抱える問題やその改善の可能性を探る。

働き方と生活

当直もあり勤務時間は不規則

 1週間の勤務時間は40時間で週休2日制だが、1日8時間勤務の場合と交代制勤務の場合があるようだ。また、4~5日に1回、当直勤務もある。
 昇進は能力次第で、採用後おおむね5年目に専門官に昇任し、その後は統括専門官(課長に相当)、首席専門官、施設長などに昇任するというのが一般的なコースだ。


ふさわしい人

少年と共に悩み成長していく姿勢が必要

 まず必要なのは、傷つき苦しむ少年に真正面からぶつかっていく姿勢である。この情熱と、少年と一緒になって行動し、共に悩み成長していくという向上心が、少年を立ち直らせる大きな原動力となる。
 また、時には思うようにいかないこともあり、挫折感や無力感を感じることもあるが、それを乗り越えていけるだけの明るさやバイタリティーも必要である。

将来展望

求められる経験豊かな人材

 非行を犯して少年院や少年鑑別所に収容される少年の抱える問題は多様化している。そのような少年と正面から向き合っていくためには、様々な経験を積んだ人材が求められている。今後は少年非行の多様化、低年齢化がますます進行する恐れもあり、法務教官の役割はいっそう重要性を増していくだろう。

収入

初任給 約22万4000円

関連する学校

絞り込み検索

すべて

大原法律公務員専門学校 名古屋校 (愛知)
公務員試験のそれぞれの科目のスペシャリストが熱い授業を展開する科目...
太田情報商科専門学校 (群馬)
ゲーム・CG・デザイン・アニメ・イラスト・マルチメディア・情報・IT...
大原法律公務員専門学校 (北海道)
徹底的な公務員の試験研究、合格のためのノウハウが詰まったオリジナル...
大原法律公務員専門学校横浜校 (神奈川)
公務員に強い!!警察官、消防官、国家・地方公務員、都庁・県庁・市区...
盛岡公務員法律専門学校 (岩手)
社会を、未来を築きあげる力を手に入れよう。 MCOOLがスタートライン! ...

ページトップへ