こんにちは ゲスト さん

ログイン

資料請求リストへ

みんなの専門学校の新規会員受付は2016年3月31日をもって終了いたしました。


ホーム > 職業 > 新聞記者

この職業になれる学校を今すぐ確認

新聞記者

仕事の内容

日々の出来事を取材し紙上で伝える

 新聞社には編集局があり、全国紙などではさらに編集局が政治、経済、社会、国際、生活情報などのセクションに分かれ、それぞれに専任の取材記者がいる。取材対象は、国内での日々の出来事から、世界で起こった事件まで様々だ。
 担当記者の取材原稿は、各セクションのデスク(編集責任者)がチェックし、編成部へ送る。そして編成部記者が、その原稿を整理、編集し、見出しをつけ、さらに校閲部員が言葉遣いや誤字を点検して、新聞記事ができ上がる。
 また、全国紙になると、海外に独自の支局を持っており、そこに駐在する海外特派員が外国のニュースを取材する。

働き方と生活

新人記者は地方の支局や支社から

 全国紙の場合は、本社のほかに各地域に支局や支社がある。一般に新人記者は研修修了後、これらの支局や支社からスタートを切る。
 全国紙、地方紙にかかわらず第一線の記者は、事件が起きれば昼夜を問わず駆けつけなければならない。そのため残業が多く、交代で夜勤があるなど、生活は不規則になりがちである。


ふさわしい人

正義感が強く好奇心旺盛な人

 記事になるなら手段を選ばないという姿勢ではなく、記者である前に、まず一市民として社会的良識を備えていることが必要である。そのうえで、弱者に優しく権力に屈しない正義感のある人が望まれる。
 また、取材したり記事を書いたりする際には、雑学的な広い知識が役立つことが多いので、好奇心旺盛で勉強家であることも必要である。新聞は速報性が大切なので、素早い行動力や、臨機応変に対処できる判断力も大切な条件だ。

将来展望

個性やバイタリティー重視の傾向に

 インターネットの普及により、情報が社会に氾濫する中にあって、活字メディアにはより切り口の鋭い個性的な紙面作りが要求されている。そのため各社とも、今まで以上に社会に対して鋭い感覚を持ち、個性的でバイタリティーのある人材を求めている。

収入

初任給 約25万円(大手新聞社の場合)

関連する学校

絞り込み検索

すべて

専門学校日本デザイナー芸術学院仙台校 (宮城)
「表現したい」という気持ちそのものが「才能」です。 30年を越える歴史...
大阪ビジネスカレッジ専門学校 (大阪)
相手の気持ちに寄り添う。それがコミュニケーションビジネス! 専門技術...
JAPANサッカーカレッジ (新潟)
J1アルビレックス新潟と同一組織の専門学校として、プロ現場で豊富な実...
名古屋スクール・オブ・ビジネス (愛知)
初心者からでも安心してスタート。専門力とビジネス力を実践的に学ぶカ...
新潟ビジネス専門学校 (新潟)
第一線で活躍するプロから学ぶ授業や 業界のニーズに沿った実習で即戦力...

関連サイト

共同通信社 : http://www.kyodo.co.jp/

asahi.com : http://www.asahi.com/

YOMIURI ONLINE(読売新聞) : http://www.yomiuri.co.jp/

ページトップへ