こんにちは ゲスト さん

ログイン

資料請求リストへ

みんなの専門学校の新規会員受付は2016年3月31日をもって終了いたしました。


ホーム > 学校基本情報 > 学校の特長


大阪エンタテインメントデザイン専門学校

オオサカエンタテインメントデザインセンモンガッコウ(大阪府認可) / 大阪

専修学校

学校の特長

全館劇場型の船を模したユニークな校舎
1995年に大阪市の外郭団体が開設し、2008年に閉鎖された「ふれあい港館ワインミュージアム」は、当時の世界各国の貴重なワインを展示。フランスの建築家フィリップ・ブランシェが船をモチーフに設計したその建物は、2014年本校の校舎として生まれ変わりました。
レストラン、結婚式場、ミュージアム、ワイン貯蔵庫だった空間を活かしながら、教室や実習室、最新鋭録音スタジオ、多目的ホール、作品展示ホール、学生ホール、図書室などに流用しています。
船を模した外観や、大きな吹き抜けなどクリエイティブで心揺さぶる個性的なこの空間は、新時代のエンタテインメントコンテンツを学ぶ学生には、ぴったりの環境だといえるでしょう。

ページトップへ

高名なアニメーション監督や映画作家、プロの声優など、一流の講師陣が指導!
本校では、業界で活躍中の現役のプロの指導を受けることができます。
杉井ギサブロー先生は数多くの優れた作品を手掛けてきた高名なアニメーション監督。大学でアニメーションの講義も行っています。他にも、映画作家の宮野ケイジ先生、声優・俳優として活躍している中尾隆聖先生など、一流のプロが在籍。日本が世界に誇れるキャラクターデザイン・マンガ・アニメーション・ゲーム・声優の世界で活躍できるクリエイターを本気になって指導します。

ページトップへ

3年制のキャラクターコンテンツ学科(キャラコン学科カリキュラム)
キャラコンカリキュラムポイント

本学科では、1年次に、全員、必修(共通)科目を受講します。必修科目には「キャラクターデザイン」「マンガ」「アニメーション」「ゲーム」の演習があります。つまり、1年次にエンタメ校のキャラコン学科4つの専攻の基礎を全て学ぶんです。
2年次以降は「キャラクターデザイン専攻」「マンガ専攻」「アニメーション専攻」「ゲーム専攻」の4つの専攻に分かれて学びます。つまり、普通の専門学校(2年制)の前に1年間プラスアルファで全ての専攻を一通り学んで、自分に本当に合った専攻を見定める期間がある。というカリキュラム構成なんです。

ページトップへ