こんにちは ゲスト さん

ログイン

資料請求リストへ

みんなの専門学校の新規会員受付は2016年3月31日をもって終了いたしました。


ホーム > 学校基本情報 > みんなのクラス > 【医療専門課程】現代の医療...


東京電子専門学校

トウキョウデンシセンモンガッコウ(東京都認可校) / 東京

専修学校

みんなのクラス

【医療専門課程】現代の医療現場を体感し、対応力のある医療スタッフへ

最新の医療機器を導入し、先端医療に貢献できる人材を育成


日々進歩する医療現場では、高い技術力と応用力を兼ね備えた、即戦力となる「医療スタッフ」を求めています。
本校はそうした現状を考え、充実した実習環境と積極的な最新機器の導入を行っています。動きのある3D画像をカラー表示できる「超音波診断装置(4Dエコー)」や教育現場ではほとんど例のない、「走査型」「透過型」2種類の電子顕微鏡を新たに導入しました。


最新鋭4Dエコー(超音波診断装置)の操作実習風景.

医療現場に匹敵する機器を使って、多彩な実習を実現


<臨床工学科>
臨床工学技士は、病院内の多くの医療機器を操作するだけでなく、いつでも安心して使用できるよう保守・点検も行っており、安全性の確保と有効性維持にも貢献しています。
そこで、それぞれの医療現場で対応できるよう、メディカルトレーニングセンターでは、「手術室」「集中治療室」「血液透析室」の3テーマで実習エリアが分けられています。実際の仕事環境を感じ取りながら高度医療機器の扱い方を学んで、実践的に医療技術が習得できるように配慮しています。
ここでしっかり原理や操作などを学び、知識と技術を身につけた状態で実際の現場(病院)に赴けるので、安心して医療スタッフを目指すことができます。


医療現場を再現した「メディカルトレーニングセンター」での実習風景

興味を持たせ、やる気を引き出す教育


<臨床検査学科>
まず、医療の現場を知り興味を持ってもらうため、1年次より臨床検査の現場に携わる講師陣による授業や、実験・実習指導を多く取り入れています。

また、診療放射線学科と臨床校学科を設置しているメリットを活かして、両分野との交流を図り、チーム医療の役割や大切さを学びます。そのことにより、医療従事者としての責任とやる気を引き出しています。


顕微授精装置を用いた「体外受精」の模擬体験実習風景