こんにちは ゲスト さん

ログイン

資料請求リストへ

みんなの専門学校の新規会員受付は2016年3月31日をもって終了いたしました。


ホーム > 学校基本情報 > 卒業生の仕事 > 「できない」が「できる」に...


東京福祉保育専門学校

トウキョウフクシホイクセンモンガッコウ(東京都認可) / 東京

専修学校

卒業生の仕事

八嶋 みな美さん

「できない」が「できる」になる瞬間がいっぱい。毎日がワクワクなんです♪

仕事の魅力・やりがい

私の担当する2歳児クラスは、成長まっただ中の時期。昨日できなかったことが今日できるようになったりするから、毎日がおどろきと喜びでいっぱいです。だから、毎日がワクワクなんです♪
この頃の子ども達は、「イヤイヤ期」とも呼ばれる第一次反抗期を通して自我が生まれるので、身体も心も成長めまぐるしいんです。何でも自分でやりたいけれど、上手くできないことも多く、とても難しい時期ですね。そんな子ども達を温かく見守りながら、成長に寄り添っていきたいと思います。
保護者の方から、「保育園で教えてくれたおかげで、色々なことができるようになったわ」と言っていだけるなど、やりがいも大きいですね。


保育士はとてもやりがいのある仕事です。みなさんも頑張ってください。

仕事との出会い・きっかけ

私の母も保育者であることから、私にとって一番身近な職業だったということが大きな理由です。
実際に保育を学び実習を経験し、さらにこの仕事に魅力を感じて、保育士になろうと決意しました。


得意の手遊びで子ども達も大喜び!!

後輩へのアドバイス

子どもって、大人のことをとてもよく観察しているんです。先生に自信がないと、言うことを聞いてくれなかったり、反応さえしてくれなかったり。だから、信頼される心と技術をもつことで、子ども達との間に絆が生まれると思います。
学生時代に学んだ手遊びやパネルシアターは、保育の現場ですぐに役立つので、特に力を入れて学んで欲しいです。ただ、子どもは何でもお見通しなので、適当に作ったり覚えたりしたものでは全然興味を示してくれません。自信をもって、「子ども達の前でやれる!」と思うまで練習したものをたくさん用意しておくことが大事です。
保育士は、子どもの成長を共にする、とてもやりがいのある仕事です。子ども達は本当に可愛いので、ぜひ一緒に子ども達の成長に関わっていきましょう。


かわいいこども達に囲まれる毎日です!

八嶋 みな美さん

東京福祉保育専門学校こども学科卒

私立本庄高等学校卒業
2009年こども学科卒業

現在、ゆずり葉保育園勤務。