こんにちは ゲスト さん

ログイン

資料請求リストへ

みんなの専門学校の新規会員受付は2016年3月31日をもって終了いたしました。


ホーム > 学校基本情報 > 学校の特長


湘央医学技術専門学校

ショウオウイガクギジュツセンモンガッコウ(厚生労働大臣指定/神奈川県認可) / 神奈川

専修学校(職業実践専門課程を設置)

学校の特長

臨床検査技師は「命を預かる縁の下の力持ち」
近年の医療、特に癌や糖尿病、肝炎といった長期にわたる治療が必要な病態においては、検査情報をその後の治療方針の指針とすることが多く、臨床検査で得られた結果は患者さんにとっても、医師にとっても非常に貴重で重要なものとなっています。本学の臨床検査技術学科は、1975年開設という歴史がありますが、教員たちはそれに満足することなく、自身の経験をふまえ現代医療が必要としている新しい理論や技術を授業に取り入れています。
湘央学園は臨床検査技師養成分野で、神奈川県唯一の専門学校であり、基礎理論から専門技術まで、現場を知る講師の指導のもと、徹底的に身につけられることで知られています。

ページトップへ

医療の最前線で活躍する先輩たち
卒業生の多くが臨床検査技師として、大学病院、公立病院、私立病院、検査センター、クリニック、健康管理センターなどの現場で活躍しています。また、早くから優秀な臨床衛生検査技師の養成に努めてきた結果、神奈川県の臨床衛生検査技師会などで重責を担うOBもおり、臨床検査技術の分野で指導的役割を果たしています。さらに、より高度な認定資格「細胞検査士」にチャレンジしたり、大学へ編入学する卒業生もいます。

ページトップへ

実習を多く取り入れた実践的な学びが、確かな力を育む。
1年次には幅広い教養と臨床検査技術の基礎理論を座学と基礎演習で学びます。
2年次は専門実習を通じ、高度な臨床検査技術を身につけます。後半からは、進路担当教員とクラス担任が就職活動をサポート。卒業生による就職アドバイスや病院見学など、活発な就職支援活動を行います。3年次では5月~8月にかけて、学生全員が長期にわたる臨地実習と徹底的な国家試験対策を行います。

ページトップへ