こんにちは ゲスト さん

ログイン

資料請求リストへ

みんなの専門学校の新規会員受付は2016年3月31日をもって終了いたしました。


ホーム > 学校基本情報 > 卒業生の仕事 > アスレティックトレーナーと...


札幌スポーツ&メディカル専門学校

サッポロスポーツアンドメディカルセンモンガッコウ(平成27年4月 札幌リゾート&スポーツ専門学校から校名変更) / 北海道

専修学校

卒業生の仕事

高橋 涼さん

アスレティックトレーナーという仕事が、職業として成り立つ仕組みを考えていきたい!

仕事の魅力・やりがい

治療院でお客様の施術のサポートをしています。お客様の顔ぶれは、競技力をアップしたい運動選手をはじめ、趣味で走っているランナー、日常生活で肩こりや腰痛がある人などさまざまです。
私がしているのは、その人たちの症状改善や、目標達成につながるストレッチやトレーニングを指導することです。
ご自身でトレーニングをしていただくこともあれば、ペアストレッチなどを通じて身体をほぐすこともあります。
状況に応じ、最適な方法を考えるのが難しいところでもあり、やりがいでもあります。
そのほか、治療院からの派遣という形で、トレーナー活動も行っています。1つは学生時代から行っていた、高校のバスケットボール部。加えて母校のサッカー部や、スキー選手のトレーニング指導も行っています。スポーツの現場以外では、グループホームでの集団運動指導も担当しています。
どこで誰を指導するにせよ、トレーナーという仕事は、相手の人生を左右する仕事だと感じています。やり方ひとつで身体の状態は変わりますし、もし失敗したら、と思うと責任重大です。その分、無事にケガから復帰できたり、試合で勝ったと聞いた時などは、大きなやりがいを感じます。


仕事との出会い・きっかけ

リゾスポに入学した時は、将来については漠然としていたのですが、入学してからトレーナーという仕事を知り、自分のやりたいことはこれだ、と思いました。
トレーニング指導を通じて母校に恩返しができ、地元をスポーツの力で盛り上げていきたいという自分の夢を形にできる仕事だと思いました。
実際にトレーナー活動をしている先生から指導を受けたり、実習に参加したことも影響していると思います。

これからの目標や夢

トレーナーとして結果を出していくのはもちろん、これからは経営者の視点を持って働いていきたい。
つまりは、お客様をどうやって獲得するかということです。
アスレティックトレーナーという仕事が、職業として成り立つ仕組みを考えていきたいです。
運動教室もやってみたいです。そして、トレーナー活動を通じて地元を盛り上げていきたいと考えています。

高橋 涼さん

札幌スポーツ&メディカル専門学校アスレティックトレーナー科卒

卒業年度/2013年3月卒業
卒業学科/アスレティックトレーナー科
出身校/私立札幌山の手高等学校 出身
勤務先/天堂鍼灸総合治療院 鍼灸サロン ビーグラン 勤務