こんにちは ゲスト さん

ログイン

資料請求リストへ

みんなの専門学校の新規会員受付は2016年3月31日をもって終了いたしました。


ホーム > 学校基本情報 > センパイメッセージ


専門学校 東洋公衆衛生学院

センモンガッコウ トウヨウコウシュウエイセイガクイン(東京都知事認可 厚生労働大臣指定) / 東京

専修学校

センパイメッセージ

  • 氏名:  藤原拓也
  • 入学年:  2014年
  • 出身校:  栃木[高校生]: 私:矢板中央高等学校
  • 学部:  診療放射線技術学科
Q
今後の目標を教えてください
A
在学中の目標はもちろん国家試験に合格することです。診療放射線技術学科はクラス全員がこの目標に向かって勉強していますから、仲間同士が協力して勉強に打ち込む雰囲気があります。絶対に1度の試験で合格を決めようと思っています。社会に出たら、ほかの医療スタッフと協力しながら、患者さんを支える立場で仕事をしたいと考えています。医療機器はどんどん進化していきますから、常に新しい情報をキャッチして、社会に出てからも勉強を重ねていきたいです。

ページトップへ

  • 氏名:  鈴木琴美
  • 入学年:  2015年
  • 出身校:  東京[高校生]: 公:都立武蔵丘高等学校
  • 学部:  臨床検査技術学科
Q
臨床検査技師をめざすようになったきっかけを教えてください
A
小学生の時から理科が好きで、人体のしくみに興味を持っていました。高1の夏、進路情報誌で医療系の職業を調べ、人の体を検査する臨床検査技師という仕事があることを初めて知りました。「私が進みたい道にピッタリだ!」と感じましたね。東洋公衆衛生学院に進学を決めたのは、少人数クラスかつ密度の濃いカリキュラムに魅力を感じたから。また、オープンキャンパスに参加したとき、先輩方が学校生活の良いところもつらいところも率直に話してくださったので、「良い学校だな」という印象を強く持ちました。オープンキャンパスには結局、5回ほど参加しました。
Q
現在、学んでいることを教えてください
A
臨床検査で実際に行う画像検査や遺伝子検査、免疫検査などを学習しています。1年次は講義中心ですが、もともと興味のあった分野なので勉強は楽しいですね。また、2年次からは実習が多くなります。実習後はレポートを提出しなくてはなりません。私の場合、放課後、学校に残って書くことが多いですね。レポート執筆は時間がかかりますが、わからないことがあれば先生に質問できますし、仲間と助け合いながら書くこともできますので、それほど大変だとは感じていません。
Q
今後の目標について教えてください
A
もちろん国家試験に合格することが大きな目標です。ただし、それ以前にきちんと進級することが目標です。医療系の勉強は日々の積み重ねがとても重要ですので、普段のテスト対策やレポート提出を頑張っていこうと思います。こうした勉強を通して、臨床の現場で役立つ実践的な知識とスキルを身につけ、周囲から認めてもらえるような臨床検査技師をめざしたいと思います。

ページトップへ

  • 氏名:  渡部勝浩
  • 入学年:  2014年
  • 出身校:  茨城[高校生]: 公:県立取手第一高等学校
  • 学部:  診療放射線技術学科
Q
診療放射線技師をめざすようになったきっかけを教えてください
A
中学、高校時代はバスケットボールに打ち込んでいました。部活中にケガをすることが多く、理学療法士の先生にお世話になることが多かったため、自然と医療系の仕事に興味を持つようになりました。高3の時にいろいろな医療系の仕事を調べるうちに、レントゲンやCTスキャンなどを使って病気の検査や治療の手助けをする診療放射線技師という職業に興味を持ち、自分もこの道をめざそうと決めました。
Q
診療放射線技術学科に興味がある高校生へのメッセージをお願いします
A
今、自分は学校で、放射線に関する基礎知識と医療機器(X線装置、CTスキャン、MRIなど)の扱い方を学んでいます。これらは高校では習わない知識なので、高校で習う科目の勉強は必要ないと思う人もいるかもしれません。しかし、実際は数学の基礎知識や計算力、物理・化学の基礎知識は、専門学校の勉強でも重要になります。高校の基礎科目の勉強はおろそかにしないほうがいいと思います。
Q
今後の目標について教えてください
A
2年次に2か月間の病院実習を体験しました。実習中は車いすの患者さんへの対応や、検査室で急に具合が悪くなってしまった方への対応など、講義で学んだ知識だけでは思うようにならないこともあると感じました。こうした経験から「どんな問題が起こっても、臨機応変に対応できる医療人」をめざしたいと思うようになりました。また、この学校の卒業生には国家試験に合格した後、さらに専門知識を深める先輩もいらっしゃいます。そうした進路も視野に入れ、さらに勉強を頑張っていきたいと思います。

ページトップへ