こんにちは ゲスト さん

ログイン

資料請求リストへ

みんなの専門学校の新規会員受付は2016年3月31日をもって終了いたしました。
会員向けサービスは2017年5月31日を持って終了いたします。


ホーム > 学校基本情報 > センパイメッセージ


専門学校ICSカレッジオブアーツ

センモンガッコウアイシーエスカレッジオブアーツ(東京都認可) / 東京

専修学校

センパイメッセージ

  • 氏名:  我妻 航輔
  • 入学年:  2015年
  • 出身校:  山形[高校生]: 公:県立米沢商業高等学校
  • 学部:  インテリアアーキテクチュア&デザイン科
Q
現在の進路をめざすようになったきっかけを教えてください
A
中学時代から部屋の模様替えが好きで、自分の部屋のインテリアを工夫したり、観葉植物を置いたりしていたんです。でも、高校に入ってからは美容師をめざそうと思っていました。高2の時に理容・美容系の専門学校を進路情報サイトで調べていたところ、インテリアを学べる学校をたまたま見つけて、こちらの進路にも興味が出てきました。そこで、美容系とインテリア系の両方の専門学校のオープンキャンパスに参加することにしました。ICSのオープンキャンパスで建築物の模型に触れたり、イスの模型製作を実際に体験するうちに、建築やインテリアデザイン系の道が自分の進みたい道なんだと強く感じるようになり、進学を決めました。
Q
現在、学んでいることを教えてください
A
1年次の前期はインテリアの基礎や理論を学びます。後期からは与えられた課題に対して企画・デザインをする授業が始まります。「商空間」の授業では、駅前に小さな商業施設をプロデュースするという課題が与えられました。僕はプラネットキャンディーを売る店舗の企画・デザインを考えました。自宅で課題のための模型をつくることもあるのですが、好きなことなので時間を忘れてしまうほど楽しいです。
Q
今後の目標について教えてください
A
住空間よりも商空間に興味があるので、商業施設やイベントスペースを企画・デザインする企業に就職するのが目標です。在学中にできるだけ多くの知識とスキルを吸収して、いろいろなプランを企画・提案できるようになりたいです。ICSは先生と学生の距離が近く、チュートリアル方式授業という個人指導のようなスタイルで学べるので、ひとりひとりが自分の能力を磨くのに良い環境だと感じています。

ページトップへ

  • 氏名:  崎山 美樹
  • 入学年:  2015年
  • 出身校:  東京[高校生]: 公:都立日本橋高等学校
  • 学部:  インテリアデコレーション科
Q
現在の進路をめざすようになったきっかけを教えてください
A
小さいころから家具に興味があって、大型家具店でソファーを眺めたりするような子どもでした。中学生の時、インテリアについての授業を受けたのがきっかけで、将来はインテリアに関する仕事がしたいと思うようになりました。高2の時に専門学校について調べ、ICSを進学先の候補として考えました。母に相談したところ、実は母もICSの卒業生だということがわかり、驚きました。2人でオープンキャンパスに参加し、学校の雰囲気に触れたり、在校生が作った模型を見ているうちに、「私もここで学びたい」という思いが強くなり、進学を決めました。
Q
現在、学んでいることを教えてください
A
1年次は、インテリアデザインの基礎や理論を学ぶほか、与えられた課題に対して自分でプランを企画し、デザインする授業があります。そのほかにも、CAD(建築物などの設計図を描くソフト)の授業もありました。実は私はパソコンがニガテで、CADの授業に不安を感じていましたが、先生方が丁寧に教えてくださるので、だいぶ上達することができました。また、先輩方の発表を聞いたり、作品に触れる機会もあるので、よい表現方法やテクニックはどんどん参考にして、自分の成長につなげたいと思います。
Q
今後の目標について教えてください
A
授業では自分が考えたコンセプトやデザインをプレゼンする機会が多くあります。でも、私はプレゼンがそれほど上手ではないので、在学中に経験を積んでプレゼンがうまくなりたいと思っています。また、この学校に入学してからリノベーション(古い建物の改修・改良)にも興味が出てきました。将来的にはリノベーションに関われるような仕事も視野に入れています。

ページトップへ

  • 氏名:  清 菜月
  • 入学年:  2013年
  • 出身校:  静岡[高校生]: 私:日本大学三島高等学校
  • 学部:  インテリアマイスター科
Q
現在の進路を選択した理由(進学動機)、経緯を教えてください
A
祖父が大工で、定年後も趣味でテーブルやイス、犬小屋などを自宅で作っていました。それを幼い頃から見ていて、中学3年ぐらいから、そういう職業に就こうと決めていました。デザインとかコーディネートではなく、私はモノづくりに興味があります。
Q
この学校で学んでいることを、感じていることを教えてください
A
ICSに入って、たくさん体験して、先生や職人さんのお話を伺ううちに、今、リペア職人をめざそうと思っています。モノを作るのではなく、キズついたモノを直す職人です。授業体験をしたとき、「これだ!」と直感が働きました。
Q
今後の目標について教えてください
A
リペア職人をめざそうと思っています。女性のリペア職人も、徐々に増えてきています。いつか、私を目標に女性のリペア職人が増えてくれることが今の夢です。

ページトップへ