こんにちは ゲスト さん

ログイン

資料請求リストへ

みんなの専門学校の新規会員受付は2016年3月31日をもって終了いたしました。


ホーム > 資格 > 運航管理者技能検定

資格カテゴリーから探す

運航管理者技能検定

資格の内容

安全で効率的な飛行計画の作成、飛行機の運航状況を支援するディスパッチャーに必須の検定。航空法により航空会社には必ず配置することが義務づけられている。航空会社に採用されたあと、社内研修や補助要員として経験を積み、国家試験である運航管理者技能検定を受験する。合格後、社内審査に合格することで正式なディスパッチャーになることができる。航行中の航空機と交信する業務があるため、航空無線通信士の資格も必要だ。

受験資格

21歳以上で、操縦、空中航法、気象業務、航空機内での無線設備の操作、航空交通管制の業務のうち、いずれかの経験が2年以上ある人、または2つ以上の経験が合わせて2年以上ある人。

参考サイト

財団法人運行管理者試験センター
http://www.unkan.or.jp/

関連する職業

ディスパッチャー

ページトップへ

関連する学校

絞り込み検索

すべて

成田つくば航空専門学校 (茨城)
国際経験と実績の豊富な大手エアライン出身の教官 が直接教育するので、...