こんにちは ゲスト さん

ログイン

資料請求リストへ

みんなの専門学校の新規会員受付は2016年3月31日をもって終了いたしました。


ホーム > 資格 > 航空管制官採用試験

資格カテゴリーから探す

航空管制官採用試験

資格の内容

飛行場に離着陸する航空機に対して、無線やレーダーを使って適切な指示を与えるのが航空管制官の仕事だ。航空交通の安全と秩序を守る重要な仕事だけに、航空機や航空管制に関する知識・技術だけでなく、航空や電波に関する各種法規や気象学、無線やレーダーの知識など高度で幅広い知識が求められる。航空管制官採用試験に合格後、航空保安大学校で1年間の基礎研修を受けたあと、全国各地の航空交通管制部、空港に配属される。

受験資格

受験する年の4月1日時点で21歳以上29歳未満の人、受験する年の4月1日時点で21歳未満で、短大・高等専門学校を卒業した人など。いずれも視覚、色覚、聴覚について一定の基準を満たしている必要がある。

参考サイト

国土交通省
http://www.mlit.go.jp

国土交通省 航空保安大学校
http://www.cab.mlit.go.jp/asc/index.html

関連する職業

航空管制官

ページトップへ

関連する学校

絞り込み検索

すべて

群馬法科ビジネス専門学校 (群馬)
私たちの生活を支え、社会の役に立つ仕事、公務員を目指す学校です。公...
成田つくば航空専門学校 (茨城)
国際経験と実績の豊富な大手エアライン出身の教官 が直接教育するので、...