2017年5月31日をもちまして、みんなの専門学校の会員サービス提供は終了させていただきました。

Benesse みんなの専門学校

パンフレット請求リスト0


ホーム > 学年別特集 > 2年生向け 進路選択に向けて、受験に向けて

インターンシップに参加して職業に対する具体的なイメージをつかもう

インターンシップとは、学生が一定期間、実際の企業や職場で働く体験をする制度のこと。「大学生が参加するもの」とイメージしがちですが、実際は高校生が参加できるインターンシップも多く実施されています。インターンシップに参加することによって、職業に対する理解を深めることができるので、機会があれば、ぜひ参加してみましょう。

先輩へのインタビュー

菅沼木の実さん

インターンシップを経験するメリットは?

そもそも高校生がインターンシップに参加するメリットは何でしょうか? いくつか考えられますが、まず「“働くこと”や職業について理解を深められること」が挙げられます。インターネットや本で職業について調べるのも大切なことですが、自分の体験を通して情報を得るほうが、進路に対するイメージが明確になります。
また、「勉強に対するモチベーションがアップする」こともメリットのひとつ。職場での労働を通して、“今、勉強していることが、将来どう役に立つのか”“今の自分に足りていないものは何か”がわかれば、普段の授業に対する姿勢も変わってくるでしょう。
さらに、「社会人としてのマナーを身につけられる」「異なる世代とのコミュニケーション能力を身につけられる」というメリットもあります。インターンシップの現場では、年上の社会人と話す機会が増えますから、正しい言葉遣いや立ち居振る舞いに対する意識も高まるでしょう。

どのような職場でインターンシップを受け入れている?

様々な業種の一般企業が高校生のインターンシップを受け入れています。農場や美容室などがインターンシップも募集していることもあります。さらに、高校生を対象とした公務員のインターンシップを実施している都道府県や市町村もあります。
経験する業務の内容は、職場によって異なります。製造業の会社であれば、機械の操作や完成した製品の検査作業を行なったりしますし、IT系の企業ではミーティングに参加したり、パソコンを使った簡単な作業を体験することもあります。
インターンシップの期間は、2日~1週間程度が一般的。また、アルバイトとは異なり、給与が出ることはありません。

高齢者福祉施設でのインターンシッププログラム例

高齢者福祉施設でのインターンシッププログラム例

インターンシップに参加したいと思ったら

地元企業が実施する高校生向けのインターンシップは、高校を通して告知される場合があります。まず、進路指導室に行って調べたり、担当の先生に聞いてみましょう。
自分で探す場合は、インターネットを活用しましょう。「高校生 インターンシップ ○○県」といったキーワードで検索すると、インターンシップを実施している地元の企業の情報が見つかる場合もあります。また、市町村が関連団体や農場などの受け入れ先と提携しているケースもありますので、市町村のウェブサイトを調べてみるのもひとつの方法です。応募方法としては、個人で申し込むものと学校を通して申し込むものがあります。
インターンシップにただ参加するだけではもったいないです。目的意識を持って取り組み、参加後は“振り返り”をするのがポイントです。「初めて気がついたこと」や「自分に足りないと思ったこと」を自分の言葉でまとめておくと、今後の高校生活の参考になるでしょうし、進路選択時にきっと役立つでしょう。

ページトップへ


$B$_$s$J$N?&6H%+!<%I(B

みんせんオリジナルコンテンツ

資格試験にチャレンジ!「資格試験トライアル」 マナトレスタジアム あなたにピッタリの職業は 性格・適性診断で進路選び 達人からのアドバイス 今話題の職業は 職業アクセスランキング 専門学校に関する疑問・質問を解説 専門学校を知る なりたい職業徹底研究 業界特集スタート P検スタジアム 職業実践専門課程について

専門学校を検索